ケンヨーの建物

ケンヨーの家づくりは3つの方法をお客様にご選択いただけます。

  1. 1つは、注文住宅 
  2. 2つ目に、建築条件付き売地 
  3. 3つ目に、建売住宅 

建陽ではお客様のニーズに合わせて3つの選択肢をお客様がご選択いただけるようにしています。
それぞれ良さがございますので、ご説明いたします。

注文住宅 

注文住宅はすでに土地をお持ちの方へ、新築や建替えの家づくりをご提供しております。
建陽の豊富な経験と高品質な施工力で、フリープランでお客様が納得できる家づくりをご提供します。

住宅のプランは、土地に大きく影響をうけます。特に採光を考えた場合、土地を考慮した建物の設計を考えなければなりません。

建陽は不動産分譲経験が豊富なため、土地に合わせた最適なプランをご提案することが可能です。

土地のことを熟知しないで注文住宅に着手してしまった場合、『希望通りの間取りと家事動線を確保してあるプランができたけど、実際に建ってみたらリビングが真っ暗な部屋になった・・・。』 こんな悩みが多く寄せられますが、建ててしまってからでは変更がきかない問題です。

土地のことも熟知した建陽では、土地に合わせた最適なプランで注文住宅の建築が可能です。

 

 

建築条件付き売地 

住宅購入を考えた時、土地の問題に直面する方は多いです。
せっかくいい土地を見つけても建築条件付きだったりした経験は、家づくりを考えた方であればあるのではないでしょうか。

一般的な分譲住宅会社が販売する建築条件付き売地は注文住宅ではないことを理解しておかなければなりません。

建築条件付きの売地は、メリットも多いですがデメリットもあります。
建築条件付き売地とは、土地の売主によって建築会社が決められている土地ということです。
不動産会社が建築条件付きを販売する際に、あらかじめ土地と建物の利益を見込んだ販売価格にしています。
ですので、販売計画に則った建物を建てたがるため、『建築条件付きは注文住宅のようなものです』 なんて言っていても、実際は販売計画に則った建物が前提で建築計画が進んでいきます。

そうすると、キッチンを違うものに、外壁を違うものに、なんて要望を聞き入れてくれず、あるものから選択してください、もしくはその部分は変更できません、ということがほとんどで、希望としていた要望がほとんど考慮されていない建物になることが多いのです。

なぜこんなことが起こるかというと、不動産会社が建築部門を持っておらず、建築を丸投げしているため、本当に注文住宅のような対応をしてしまうと、建築費が読めなくなり、計画通りの利益を確保できなくなってしまうからです。

建陽は、土地販売、建築計画、施工管理、アフターメンテナンスまで、一貫した自社サービスです。
そのため、建陽の建築条件付き売地は、お客様の希望とコストを考慮した、限りなく注文住宅に近い建築条件付き売地の購入を可能にします。

お客様のご要望によっては、建築費用が変わってしまうこともありますが、自社施工を行っている建陽では、お客様の意見を尊重した建築計画が可能です。

一棟一棟、真面目に丁寧に建築する建陽だからこそ、納得のいく家づくりをすることができます。

こだわりの家づくりをするのに、土地探しでお悩みの場合は、建陽の建築条件付き売地をお問合せしてみてください。

建物条件付き土地をご購入されたお客様の声 

 

 

建売住宅 

建陽では、建売分譲住宅の販売も行っております。
建売分譲住宅のメリットとしては、何と言っても完成済みの建物を自分の目で見て購入できるというところです。

お客様のライフスタイルに合った立地と間取りであれば、すぐにご購入が可能です。
完成してみないと解らないということもなく、見たそのままの建物が全てです。

だからこそ、建陽の建売住宅は、細部にこだわり、真面目に丁寧な家づくりを徹底しています。

建陽の建売住宅は、建陽の集大成とも言えるモデルハウスといっても過言ではありません。
私たちが、最新の知識と技術をカタチにした家です。

立地条件に合わせて、ご購入いただけるお客様をイメージし、そのお客様の生活に適応した建築計画をしております。

建陽で家づくりをお考えの際は、当社の建売住宅をご覧ください。
お客様にとって重要な家づくりの基準を明確にすることができます。

建売住宅をご購入されたお客様の声