西葛西6丁目現場 建方②

 

 

 

さあまた次の材料が来ましたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり下ろすのもクレーンさんの腕です

 

羽子板ボルトで梁同士を固定しています

 

 

 

 

 

 

 大工さん怖くないのでしょうか

 

梁の上での作業です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん平気な顔をしてますがこういう場所での作業です

 

床合板を運んでいます

 

 

 

 

 

 

やっと床が張れますね、これでちょっと安心

 

 

 

 

 

 

この板は一番向こうか

 

床合板、重くないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

はい、後ろを失礼しますよ

 

 

 

 

 

 

金槌で

 

 

 

 

 

 

釘打ち機で

 

 

よーし、終わったか

 

 

 

 

 

 

と思ったら次の材料です

 

材料は次の作業の邪魔にならない位置に置きます

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと降ろします

 

 

鳶さん軽快に足場から降りるノ図

俺は降りるなら断然ハシゴより足場だね

 

自走式のクレーンはラフターと言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラフターさんもパチリ

 

二階の柱を建てています

 

 

 

 

 

 

まず柱からでしたね

 

柱をホゾ穴に入れています

 

 

 

 

 

 

デコの方がホゾ、ボコの方がホゾ穴です

 

写真左下ホゾ穴が小さいのでノミで穴を広げています

これじゃ柱がはいらないな

 

 

 

 

 

 

柱のおかわりが来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二階の柱もだいたい終わりました

 

 

カメラマンも足場にしがみついて必死の撮影です!

怖いよー

 

2階の梁を吊りながらの作業です

 

 

 

 

 

 

柱が終わったら梁でしたね

 

はいオッケー

 

 

 

 

 

 

よーし入った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちも入った

 

上と下で連携作業です

そのままそのまま

 

 

 

 

 

 

次は向こう側の梁です

 

何かを真剣に見ています

 

 

 

 

 

 

この作業は前も見たな、なんだっけ?

 

柱垂直よーし!柱垂直よーし!

 

 

 

 

 

 

大事なことなので二回言いました

 

 

この柱は向こう側からも確認

ちょっと見えづらそうですね。

 

 

床合板が世界一似合う大工さんです

 

中央の大工さんの奥の方にネットと投光機が見えますでしょうか?

あそこは江戸川球技場、甲子園の予選の時などとても賑わいます。

 

 

床が終わったらまた柱です

 

 

 

 

 

 

2階の上に更に柱を建てています

 

 

柱が来たら次は梁ですね

 

 

 

 

 

 

とうとう足場の一番上まで高さが来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフバルコニーへの出入り口になる部分の小屋組です

 

 

 

かすがいで小屋束と小屋梁を固定しています

奥に見える平らな部分はロフト、写真手前は吹き抜け空間になります

私が立っている部分は建物の南側でバルコニーになる部分です

 

 

垂直チェック! 垂直チェック!

一階組み上がるごとに何度でも行います

 

 

柱が真っ直ぐな位置で仮筋交いで固定です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ筋交いを入れることはできませんので、間柱を使って仮筋交いとします

 

 

 

仮筋交いをグッと突っ張った位置で釘で固定です

 

今日の作業はここまでとなりました。

明日は隣の棟を建てます。

 

 

a.wakabayashi
カテゴリー: ブログ, 建築中物件, 新着情報, 西葛西6丁目   パーマリンク